FC2ブログ

チーム吉-GUYツーリングIN霧降高原道路~破~

やっとメンバーの写真回収が終わったので本文を記載開始したいと思います!

今回の参加メンバーは6人。

部長の、ゆ~きくぞー、副部長のモノ、ウニ、京都支部から返り咲きのマスモフ、そして、アッチャン、キヨティーです。

今回のツーリングの舞台は栃木県日光の霧降高原道路。元有料道路で路面状況は最高。そして、ツールド日光のコースとなっております。私たちはモノとウニの意見で逆走をして最初に激坂(獲得標高多分1000メートル)を登って、あとは楽しく下りを楽しみ、鬼怒川温泉に浸かって帰ろうという作戦になりました。この選択が最初に楽をしようとした二人に悪夢として伸し掛かるのであった、うひひひw


仕事終わりからの集合だったので1時に柏の駅に集合、ここからキクゾーカーとモノカーの2台で3人×3台を搭載して出発です。

P1000685[1]
柏の葉キャンパス駅でマスモフの奥さんに記念撮影を頼む、よっしゃ出発気合い入れるぜ~!

この時すでに深夜だったのですがテンションMAXでワイワイガヤガヤ楽しく出発です。
P1000687[1]
キクゾーカーに乗り込むのはマスモフ、キヨティー

P1000688[1]
モノカーに乗り込むのはウニ、アッチャンです。

途中ETCにクレジットカードを差す失敗をしてキクゾーカーが足止め喰らったりもあったですがw
パーキングで休憩を1回する位で快調に飛ばして日光のおひざ元、今市まで向かう。ここでコンビニで補給食や水を買い込み準備完了。30分位仮眠をとって日の出を待ちます。

みんな、テンションが高くてあまり眠れなかったみたいですが辺りが明るくなってきた!テンションあがるぜ!

私も全然眠くなくてクラプトン聴きながらテンション上げてました(笑)

P1000690[1]
5時半位?起床。朝飯喰って元気出す!この時なぞの虫に全員刺されて約3名程帰ってから激痛+かゆみに襲われたw

そこから自転車を車から降ろして準備開始。着替えや荷造り、空気圧の調整に各部チェックをして各自気合いを入れる。


そして出発の記念撮影。
P1000693[1]
今日はみんな約70キロの旅、ヒルクライムを楽しもうぜ!
左からキクゾーキヨティ、ウニ、アッチャン、マスモフ、モノ

出発地点からちょっと戻ったところにコンビニがあったのでそこで最後の補給。ここから3人、3人2チームで漕ぎます。



2012071605590000.jpg
前日まで腸炎で苦しんでいたモノの愛車ジャイアント。

2012071605590002.jpg
アッチャンの愛車のコラテック。

2012071605590003.jpg
BD-1,プジョー乗りのウニ。フロントブレーキ逝かれており、今日はダウンヒルに危険あり?気を付けてください><

2012071605590001.jpg
ロングツーリングイベント初参加のキヨティー。

P1000705[1]
第一チーム、キクゾー、アッチャン、モノ


P1000706[1]
第2チーム、ウニ、キヨティー、マスモフ
2012071606060000.jpg
それでは、これから出発だぜ~!
最初は緩やかな登りですが、第2チームはガンガン漕ぐ!マスモフを先頭にガンガン漕ぐwww

スゲー勢いでかっ飛ばしては写真を撮ってまたかっ飛ばすwそんな最初から飛ばしてたらモタナイよ~w
と、第一チームは体を温める事に集中。

今日は天気が安定していてある程度の日差しなので丁度良い感じ。みんな軽く汗ばみながら体を温める。


IMG_0639_convert_20120718114533.jpg
快速第2チーム、いや~、やっぱり観光地のコースは楽しいね!

P1000709[1]
ついに霧降高原道路、入り口に到着、なんかマラソン大会の前の緊張感に似てるぜ!

全員初の峠ヒルクライムなので一人づつ自分のペースで登る事に決定。1分起き位に出発。


2012071606450000.jpg
ヒルクライム先頭のウニ、序盤に足を攣ってしまい途中から押して歩いていました><;

2012071606460000.jpg
モノ、前日の腸炎の影響か、今日はスタミナ切れか??

2012071606460001.jpg
絶対やべ~とか言ってたキヨティー。

2012071606460002.jpg
京都から帰還して初のチームロングライドのマスモフ。

P1000714[1]
第一エスケープゾーン、まだまだ余裕?と言いたいところだけど全員予想以上の激坂にびびっておりますw

P1000737[1]
ウニの休憩中のプジョーBD-1で休憩するトンボ、もう秋?やっぱ高原は違いますね!

2012071607510000.jpg
予想以上にヒルクライムを得意とするアッチャンが練習の手ごたえを感じる横でへばるモノw辛そうですw

ここから、本当にきつかったです><;延々登り坂との格闘、みんなエスケープゾーン以外は絶対足を着きたくないので必死ですw

ここで引き足のありがたみと呼吸を一定に保つこと、坂の先を見ないことを学んだwww

いや~、本当にきつかったです><;筑波山もきつかったけどココの方がコースが長く余計きつく感じました。
傾斜10%も普通に看板がたくさんあったし、車、バイクが結構来て怖かったですね><

P1000740[1]
第4セクションに到着。ここで少し長めに休憩を取ります。もう雲の上だぜ~♪

2012071608300000.jpg
頂上を目指す、モノとウニ。二人はきつそうだったけど頑張った!もうすこしだよ~!

P1000741[1]
到着早々、廃人と化すモノw大丈夫か??w

P1000742[1]
超あつぃ~><持ってきた水がどんどん減っていきますね~w軽量化だ!

P1000743[1]
案外余裕そうなキヨティー!聞いてみたらもう頂上だと思ってたらしいw俺と一緒だな!ww
P1000744[1]
ガッツポーズのマスモフ、おい、まだ頂上じゃないらしいぞww

P1000745[1]
ヒルクライムエースのアッチャン、早い早いw常に先頭を走ってチームを引っ張ってくれました!

P1000746[1]
足が攣ってしまい、漕げなくなったが頑張って登ってきたウニ、体力有り余ってますw

P1000747[1]
モノ看護1

P1000748[1]
モノ看護2、顔コエーw
P1000752[1]
モノ看護3、看護失敗でグロッキーの図。体力もっとつけようねw

P1000753[1]
モノ看護4、モノは倒れているが出発の図。ガンガンいくぜ~!w

ココのセクションを超えればあとは頂上!最後の最後まで本当に一切の手加減無の峠でしたね・・・

激坂に何度も足を着きそうになったがほかのみんなも足を着いてないので必死に頑張る、おぉ車が渋滞している!

ついに頂上か~~~!!って思ったらロープウェイ乗り場でしたwここで4名騙されて心を折られるw私も騙されてラストスパートしたのに違ってショックでしたw

そして、念願の頂上に到着~♪うぉ~、景色やべ~し、超涼しぃ~♪



2012071609470000.jpg
自転車で雲の上まで来れる事にみんな感動!すげーきついけど達成感はんぱないっす!!!

2012071609470001.jpg
すごい天然のクーラーでしたよ、超最高!!!

P1000788[1]
続々と到着、みんなよく頑張ったぜ~!!

IMG_0646_convert_20120718114703.jpg
最高の山場を越えて一安心~♪ここが一番キツイ区間だったねw

IMG_0647_convert_20120718114815.jpg
全員何とか登り切った!!モノ、完全に昇天しておりますw

ここでたっぷり補給とストレッチをして休憩、最後の登りと下りに備えます。ライダーがいっぱいいたけどこんなに達成感たっぷりの顔ではしゃいでいるのは俺らだけ?w自転車乗りの特権ですね♪こんな辛かったのに超楽しかったw

P1000794[1]
霧降道路到達記念、モノとキクゾーペア

P1000795[1]
ウニ、マスモフペア

P1000797[2]
キヨティ、アッチャンペア

2012071610270000.jpg
霧降高原の名前にふさわしい超濃い霧が突然現れてチーム全員テンションMAX!涼しい!!
IMG_0650_convert_20120718114857.jpg
突然の霧登場にテンションMAX!
P1000799[1]
チーム吉-GUY霧降高原で霧に遭遇!めっちゃ気持ちイイです!涼しい~♪

あと少しの登り坂を登ったらようやくご褒美コース、下りです!!!

しかも、この辺はもと有料道路?めっちゃ路面が綺麗で下りもガンガン飛ばしても怖くありませんw

みんないえ~ぃ!って言いながらダウンヒルを楽しみました!楽しい~♪

P1000801[1]
快速ダウンヒル前の最後の登り、これを超えれば楽しい下り~♪

P1000802[1]
やばい、気持ち良すぎるぜ~!これから50キロ位ずっと下りだよ~w嬉しすぎるwww

ご褒美ダウンヒルをたっぷり堪能して本日の目的地、大笹牧場に到着しました!!!

究に続く。

スポンサーサイト



この記事へのコメント:

Tama : 2012/07/24 (火) 23:59:32

またメンバーが増えるんですかΣ(´∀`;)
マシンは何でしょうか…?
楽しみです(^^♪

ゆーきくぞー : 2012/07/26 (木) 23:01:30

Tamaさん

まだ一緒に走ったことないんですけどねw

多分チーム入団確実ですw

お楽しみにしてください^^

管理人のみ通知 :

トラックバック: